• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき‐びと【商人】 の意味

  1. あきんど」に同じ。
    • 「いはば―の良ききぬ着たらむがごとし」〈古今・仮名序〉
  • あき‐びと【商人】の例文

    出典:青空文庫

    • 昼でも薄暗い或家の二階に、人相の悪い印度人の婆さんが一人、商人らしい一人の亜米利加人と何か頻に話し合っていました。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・それがいかにも手慣れた商人らしく彼には思われた。

      有島武郎「親子」

    • ・・・ 売るのであろう、商人と一所に、のほんと構えて、晴れた空の、薄い雲を見ているのだから。

      泉鏡花「茸の舞姫」