• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき‐や【空き家/空き屋/明き家】

  1. 人の住んでいない家。あきいえ。
  1. 俗に、女性が恋人や夫と別れて独り身であることをいう。
  1. あきやじょうれい【空き家条例】
  1. あきやたいさくじょうれい【空き家対策条例】
    • 地方公共団体が空き家の所有者に対して適切な管理を求めたり撤去の勧告・命令を行えることなどを定めた条例。空き家条例。
  1. あきやたいさくとくべつそちほう【空き家対策特別措置法】
    • 《「空家等対策の推進に関する特別措置法」の略称》適切な管理が行われていない空き家が増加し、地域の防災・衛生・景観などに深刻な影響を及ぼしていることから、地域住民の生活環境を保全するとともに、空き家の活用を促進するために制定された法律。平成26年(2014)成立。この法律により、市町村は、保安上危険あるいは衛生上有害な空き家の所有者に対して必要な措置を講ずるよう命令し、従わない場合は強制的に撤去することができる。→特定空き家
  1. あきやバンク【空き家バンク】
    • 地方公共団体が住民から空き家の登録を募り、空き家の利用を希望する人に物件情報を提供する制度。