• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あきやま【秋山】

  1. あきやまぎょくざん【秋山玉山】
  1. あきやまこうじ【秋山幸二】
    • [1962~ ]プロ野球選手・監督。熊本の生まれ。昭和55年(1980)西武ライオンズに入団。西武の中心選手として活躍し、本塁打王と盗塁王を各1度獲得。後年、ダイエー(福岡ソフトバンクの前身)に移籍。引退後は福岡ソフトバンクの監督に就任し、平成23年(2011)にはチームを日本一に導いた。
  1. あきやまさねゆき【秋山真之】
  1. あきやましゅん【秋山駿】
    • [1930~2013]評論家。東京の生まれ。「内向の世代」を代表する文芸評論家として、人間の内面を凝視する評論で知られる。報知新聞社に在職中の昭和35年(1960)、評論「小林秀雄」で群像新人文学賞受賞。他に「知れざる炎」「砂粒の私記」など。「人生の検証」で伊藤整文学賞、「信長」で毎日出版文化賞・野間文芸賞受賞。芸術院会員。
  1. あきやまていすけ【秋山定輔】
    • [1868~1950]政治家。岡山の生まれ。明治26年(1893)「二六(にろく)新報」を創刊。日露戦争のときロシアのスパイの嫌疑を受けて、衆議院議員を辞職。孫文らと親交を重ね、その革命運動を支援。
  1. あきやまのぼる【秋山登】
    • [1934~2000]プロ野球選手・監督。岡山の生まれ。明大でアンダースローの投手として活躍。昭和31年(1956)大洋(横浜DeNAの前身)に入団。その年から9年連続の二桁(けた)勝利を記録。引退後、同球団の監督を務めた。
  1. あきやまよしふる【秋山好古】
    • [1859~1930]陸軍大将。愛媛の生まれ。真之の兄。騎兵の育成に努め「日本騎兵の父」とよばれた。