えん【縁】

  1. (梵)pratyayaの訳》仏語。結果を生じる直接的な原因に対して、間接的な原因。原因を助成して結果を生じさせる条件や事情。「前世からの―」
  1. そのようになるめぐりあわせ。「一緒に仕事をするのも、何かの―だろう」
  1. 関係を作るきっかけ。「同宿したのが―で友人になる」
  1. 血縁的、家族的なつながり。親子・夫婦などの関係。「兄弟の―を切る」
  1. 人と人とのかかわりあい。また、物事とのかかわりあい。関係。「金の切れ目が―の切れ目」「遊びとは―のない生活」
  1. (「椽」とも書く)和風住宅で、座敷の外部に面した側に設ける板敷きの部分。雨戸・ガラス戸などの内側に設けるものを縁側、外側に設けるものを濡れ縁ということが多い。
  1. 縁と浮き世は末を待て
    • 良縁と好機とはあせってもだめで、自然に訪れるのを待つべきである。
  1. 縁なき衆生は度し難し
    • 仏縁のない者は、すべてに慈悲を垂れる仏でも救えない。転じて、人の忠告を聞こうともしない者は救いようがない。
  1. 縁に付く
    • 嫁入りする。また、嫁入りさせる。
      「あの子を国で―・けるとて」〈浄・氷の朔日
  1. 縁に付ける
    • 嫁入りさせる。縁づける。
  1. 縁に繋がる
    • 血縁関係がある。ゆかりがある。
  1. 縁に連るれば唐の物
  1. 縁に連るれば唐の物を食う
    • 縁があれば、遠い所の物でも食べることができる。何かの因縁で思いがけないものと関係ができることのたとえ。
  1. 縁は異なもの味なもの
    • 男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、不思議でおもしろいものであるということ。縁は異なもの。
  1. 縁もゆかりもない
    • 何のかかわりもない。類義の語を重ねて強調した表現。「―・い他人」
  1. 縁を切る
    • 夫婦や親子などの関係をなくす。「兄弟の―・る」
    • あることとの関係を解消する。「タバコとは―・る」
  1. 縁を離る
    • 世俗との関係を断つ。
      「―・れて身を静かにし」〈徒然・七五〉
  1. 縁を結ぶ
    • 夫婦や養子などの縁組みをする。縁を組む。
    • 仏道に入り、往生するつながりをもつ。仏縁を結ぶ。結縁(けちえん)
      「額に阿字を書きて、―・ばしむるわざをなんせられける」〈方丈記

「えん【縁】」の前の言葉

「えん【縁】」の後の言葉