• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あきら・める【諦める】 の意味

  1. [動マ下一][文]あきら・む[マ下二]もう希望や見込みがないと思ってやめる。断念する。「助からぬものと諦めている」「どしゃ降りで、外出を諦めた」
  1. [用法]あきらめる・[用法]おもいきる――「進学をあきらめる(思い切る)」「あの人のことはなかなかあきらめられない(思い切れない)」のような場合は、相通じて用いられる。◇「あきらめる」は「優勝はあきらめる」「あきらめてすごすご帰る」のように、望んでもかなわないことがわかって、望むのをやめる意。これらの場合、「思い切る」は用いない。◇「思い切る」は、「思い切って発言する」「思い切ったデザイン」のように、積極的に行う、覚悟して行うの意がある。また、名詞形「思い切り」の形で「四十代半ばで会社をやめるとは思い切りがいい」のようにも用いる。これらの場合に「あきらめる」は用いない。◇類似の語に「断念する」がある。「法案の提出を断念する」のように、周囲の状況が悪くなったりして実行に移すのをやめる意で用いる。
  • あきら・める【諦める】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・なるほど民子は私にそう云われて見れば自分の身を諦める外はない訣だ。

      伊藤左千夫「野菊の墓」

    • 諦めるとことばには言うても、ことばのとおりに心はならない。

      伊藤左千夫「春の潮」

    • ・・・遅かれ早かれ一度はこういう時期が来るんでしょうからね、まあ諦めるほかないでしょうよ」と、こういた場合にもあまり狼狽した様子を見せない弟は、こう慰めるように言って、今度は行李を置いてFと二人で出て行った。

      葛西善蔵「父の出郷」