• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あき・れる【×呆れる/×惘れる】 の意味

  1. [動ラ下一][文]あき・る[ラ下二]あまりに意外なことに驚く。あっけにとられる。唖然 (あぜん) とする。「―・れてものが言えない」「―・れるほどよく食べる」
  • あき・れる【×呆れる/×惘れる】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「お前の犬好きにも呆れるぜ。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・ 父は息子の融通のきかないのにも呆れるというようにそっぽを向いてしまった。

      有島武郎「親子」

    • ・・・、「この髪をむしりたくなるような思いをさせられるに極ってるけれど、東京へ来たら、生意気らしい、気の大きくなった上、二寸切られるつもりになって、度胸を極めて、伯母さんには内証ですがね、これでも自分で呆れるほど、了簡が据っていますけれど、だ・・・

      泉鏡花「女客」