• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく【灰汁】 の意味

  1. 植物を焼いた灰を水に浸して得る上澄み液。アルカリ性を示し、古来、洗剤・漂白剤として、また染色などに用いる。
  1. 山菜や野草などに含まれる、渋み・えぐみなどのもとになる成分。「ウドの―を抜く」
  1. 肉などを煮たときに、煮汁の表面に浮き出る白く濁ったもの。「スープの―をすくい取る」
  1. 独特のしつこさや粘っこさなどがあって、なじみにくい個性。「―の強い人」

あく【灰汁】の慣用句

  1. 灰汁が抜ける
    • 人の性質・趣味・容姿などに嫌みやあくどさがなくなる。さっぱりして洗練されたものになる。あかぬけがする。
  1. あくいろ【灰汁色】
    • 灰汁1のような、灰色がかった黄色。
  • あく【灰汁】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 雲は低く灰汁を漲らして、蒼穹の奥、黒く流るる処、げに直顕せる飛行機の、一万里の荒海、八千里の曠野の五月闇を、一閃し、掠め去って、飛ぶに似て、似ぬものよ。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・閉込んだ硝子窓がびりびりと鳴って、青空へ灰汁を湛えて、上から揺って沸立たせるような凄まじい風が吹く。

      泉鏡花「朱日記」

    • ・・・ 柳はほんのりと萌え、花はふっくりと莟んだ、昨日今日、緑、紅、霞の紫、春のまさに闌ならんとする気を籠めて、色の濃く、力の強いほど、五月雨か何ぞのような雨の灰汁に包まれては、景色も人も、神田川の小舟さえ、皆黒い中に、紅梅とも、緋桃とも言う・・・

      泉鏡花「売色鴨南蛮」