• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ・く【明く/開く/空く】 の意味

  1. [動カ五(四)]
  1. (開く)
  1. ㋐隔て・仕切り・覆いなどが、動かされて除かれる。閉じていたものがひらく。「窓が―・く」「鍵 (かぎ) が―・かない」⇔閉まる
  1. ㋑営業が始まる。営業が行われる。「店は何時まで―・いていますか」⇔閉まる
  1. ㋒開票がはじまる。「票が―・く」
  1. (明く)
  1. ㋐衣服の襟などが、ひらかれている。「この服は襟ぐりが―・きすぎている」
  1. ㋑閉じていた目や口がひらいた状態になる。「小犬の目が―・く」
  1. ㋒物忌みや契約などの、一定の期間が終わる。「喪が―・く」「年季が―・く」
  1. (空く)今までそこを占めていたもの、ふさいでいたものが、除かれたり、なくなったりする。
  1. ㋐穴ができる。「胃壁に穴が―・く」
  1. ㋑そこにいた者やあった物がなくなり、からになる。「―・いている部屋はありますか」「席が―・く」
  1. ㋒空間・空白・余地ができる。間隔が広がる。「行間が―・いている」
  1. ㋓器の中のものが全部使われてからになる。「瓶が―・く」「―・いた銚子をかたづける」
  1. ㋔仕事が終わり、暇になってゆとりができる。「からだが―・く」「手が―・く」
  1. ㋕用が済んで、当面使わなくなる。「―・いたら貸してください」
  1. ㋖欠員になる。「課長のポストが―・く」
  1. (開く)あける。「口を―・く」
  1. [補説]2㋑は「開く」、3は「明く」とも書く。
  1. [動カ下二]あける」の文語形。

あ・く【明く/開く/空く】の慣用句

  1. 開いた口が塞がらぬ
    • 驚きあきれてものが言えないさま。
  1. 開いた口へ餅
    • 思いがけなく幸運が到来すること。棚からぼた餅。
  • あ・く【明く/開く/空く】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 電話の切れるのが合図だったように、賢造は大きな洋傘を開くと、さっさと往来へ歩き出した。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・そして口に手拭を喰わえてそれを開くと、一寸四方ほどな何か字の書いてある紙片を摘み出して指の先きで丸めた。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・不思議と左を見詰めると、この飾もまた、光を放って、腕を開くと胸がまた晃きはじめた。

      泉鏡花「伊勢之巻」