• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ・く【明く/開く/空く】

  1. [動カ五(四)]
  1. (開く)
  1. ㋐隔て・仕切り・覆いなどが、動かされて除かれる。閉じていたものがひらく。「窓が―・く」「鍵 (かぎ) が―・かない」⇔閉まる
  1. ㋑営業が始まる。営業が行われる。「店は何時まで―・いていますか」⇔閉まる
  1. ㋒開票がはじまる。「票が―・く」
  1. (明く)
  1. ㋐衣服の襟などが、ひらかれている。「この服は襟ぐりが―・きすぎている」
  1. ㋑閉じていた目や口がひらいた状態になる。「小犬の目が―・く」
  1. ㋒物忌みや契約などの、一定の期間が終わる。「喪が―・く」「年季が―・く」
  1. (空く)今までそこを占めていたもの、ふさいでいたものが、除かれたり、なくなったりする。
  1. ㋐穴ができる。「胃壁に穴が―・く」
  1. ㋑そこにいた者やあった物がなくなり、からになる。「―・いている部屋はありますか」「席が―・く」
  1. ㋒空間・空白・余地ができる。間隔が広がる。「行間が―・いている」
  1. ㋓器の中のものが全部使われてからになる。「瓶が―・く」「―・いた銚子をかたづける」
  1. ㋔仕事が終わり、暇になってゆとりができる。「からだが―・く」「手が―・く」
  1. ㋕用が済んで、当面使わなくなる。「―・いたら貸してください」
  1. ㋖欠員になる。「課長のポストが―・く」
  1. (開く)あける。「口を―・く」
  1. [補説]2㋑は「開く」、3は「明く」とも書く。
  1. [動カ下二]あける」の文語形。
  1. 開いた口が塞がらぬ
    • 驚きあきれてものが言えないさま。
  1. 開いた口へ餅
    • 思いがけなく幸運が到来すること。棚からぼた餅。

「あく【明く/開く/空く】」の前の言葉

「あく【明く/開く/空く】」の後の言葉