• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ・く【飽く/×厭く/×倦く】

  1. [動カ五(四)]
  1. 十分になってもうたくさんだと思う。いやになる。「―・くことを知らぬ金銭欲」
    • 「菜の葉にとまれ。菜の葉に―・いたら桜にとまれ」〈野村秋足・蝶々〉
  1. 満たされた気持ちになる。満ち足りる。満足する。
    • 「恥ぢらひ給ひける御さま、―・かぬ所なし」〈・葵〉
  1. 動詞の連用形に付いて、十分に…する、…することにあきあきする、の意を表す。
    • 「繰り返して読んでも読んでも読み―・かなかった」〈二葉亭平凡
  1. [補説]現代、共通語では一般に「あきる」(上一)を用い、「あく」は文章語的な表現。また、「飽くまで」のような形で用いられる。

「あく【飽く/×厭く/×倦く】」の前の言葉

「あく【飽く/×厭く/×倦く】」の後の言葉