• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく【握】 の意味

  1. 常用漢字] [音]アク(呉)(漢) [訓]にぎる
  1. にぎる。「握手握力/一握」
  1. しっかり自分のものにする。「掌握把握
  1. [名のり]もち
  • あく【握】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・さっき八っちゃんがにこにこ笑いながら小さな手に碁石を一杯って、僕が入用ないといったのも僕は思い出した。

      有島武郎「碁石を呑んだ八っちゃん」

    • ・・・「腕を、拳固がまえの拳で、二の腕の見えるまで、ぬっと象の鼻のように私の目のさきへ突出した事があるんだからね。

      泉鏡花「貝の穴に河童の居る事」

    • ・・・ 魚友は意気な兄哥で、お来さんが少し思召しがあるほどの男だが、鳶のように魚の腹をまねばならない。

      泉鏡花「開扉一妖帖」