• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

アクイレイア【Aquileia】

  1. イタリア北東部、スロベニア国境に近い古代ローマの都市遺跡。紀元前181年にローマ人が造った軍事的植民都市がその起こりで、その後も商業都市として栄えたが、5世紀半ばにフン族の侵入によって壊滅した。4世紀に創建された初期キリスト教遺構、バシリカ総主教聖堂は、その後改装を重ね、11世紀には大規模な改装がされている。1998年「アクイレイアの遺跡地域と総主教聖堂バシリカ」として世界遺産(文化遺産)に登録された。