• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐いん【悪因】 の意味

  1. 仏語。よくない結果をもたらす原因。⇔善因

あく‐いん【悪因】の慣用句

  1. あくいんあっか【悪因悪果】
    • 悪い行為が原因となって悪い結果が生じること。⇔善因善果
  • あく‐いん【悪因】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・いつまでたっても終りにならぬ、どこどこまでも悪因悪果、悪果によって新に悪因をつくる。

      宮沢賢治「二十六夜」