• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐かん【悪感】 の意味

  • あく‐かん【悪感】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・が、彼は悪感を冒しても、やはり日毎に荷を負うて、商に出る事を止めなかった。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・譚は僕等の寄宿舎生活中、誰にも悪感を与えたことはなかった。

      芥川竜之介「湖南の扇」

    • ・・・ 沼南の清貧咄は強ち貧乏を衒うためでもまた借金を申込まれる防禦線を張るためでもなかったが、場合に由ると聴者に悪感を抱かせた。

      内田魯庵「三十年前の島田沼南」