• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐しゅう〔‐シフ〕【悪習】 の意味

  • あく‐しゅう〔‐シフ〕【悪習】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「悪習は除去すべきである。

      太宰治「虚構の春」

    • ・・・ この悪習は忽必烈が厳禁してやっと止まったとある。

      寺田寅彦「マルコポロから」

    • ・・・を起こして家人の情を痛ましめ、以てその私徳の発達を妨げ、不孝の子を生じ、不悌不友の兄弟姉妹を作るは、固より免るべからざるの結果にして、怪しむに足らざる所なれども、ここに最も憐れむべきは、家に男尊女卑の悪習を醸して、子孫に圧制卑屈の根性を成さ・・・

      福沢諭吉「日本男子論」