• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐しょ【悪書】

  1. 内容が俗悪で、読者や社会、特に青少年読者に悪影響を及ぼす本。
  1. 文字を書くのがへたなこと。悪筆。
    • 「商戸なれば…書に心なし。故に―なる事人のみるところなり」〈胆大小心録
  1. あくしょついほう【悪書追放】
    • 青少年に有害な雑誌を追放しようとする小売書店の運動。昭和38年(1963)10月、山梨県の甲府書籍雑誌共同組合が始め、全国各地に広がった。