• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐たい【悪態】 の意味

あく‐たい【悪態】の慣用句

  1. 悪態をつく
    • 口汚くののしったり、けなしたりする。憎まれ口をたたく。「悔し紛れに―・く」
  1. あくたいまつり【悪態祭(り)】
    • 参詣人が悪口を言い合い、言い勝った者が福運を得るとされる祭り。悪口祭り。
  • あく‐たい【悪態】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しまいには飼い主のお松にさえ、さんざん悪態をついたそうです。

      芥川竜之介「温泉だより」

    • ・・・そんな事があっては大変ですから、私は御本宅の御新造が、さんざん悪態を御つきになった揚句、御帰りになってしまうまでは、とうとう御玄関の襖の蔭から、顔を出さずにしまいました。

      芥川竜之介「奇怪な再会」

    • ・・・おい、ともちゃん、悪態をついてるひまにモデル台に乗ってくれ。

      有島武郎「ドモ又の死」