• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おおたけ〔おほたけ〕【大竹】 の意味

  1. 広島県南西部、広島湾に面する市。山陽道の宿駅として発展。大正期まで製紙業が栄えたが、今は石油化学工業が盛ん。人口2.9万(2010)。

おおたけ〔おほたけ〕【大竹】の慣用句

  1. おおたけし【大竹市】
  • おおたけ〔おほたけ〕【大竹】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・それからまた浜町河岸の大竹という道場へもやはり寒稽古などに通ったものである。

      芥川竜之介「追憶」

    • ・・・とあって、湯泉に棲む魚や、大蕪菁、大竹、二百歳の比丘尼等、色々の珍しいものが挙げてある。

      寺田寅彦「西鶴と科学」

    • ・・・門前から見るとただ大竹藪ばかり見えて、本堂も庫裏もないようだ。

      夏目漱石「二百十日」