• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あぐ・む【×倦む】 の意味

  1. [動マ五(四)]その事をしつづけてもよい結果が出ないので、どうしたらよいかほとほと困る。また、いやになる。もてあます。あぐねる。
  1. [補説]現代では「考えあぐむ」「攻めあぐむ」など動詞の連用形に付けて用いる。
  • あぐ・む【×倦む】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・物慣れた甚太夫は破れ扇に鳥目を貰いながら、根気よく盛り場を窺いまわって、さらに倦む気色も示さなかった。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・ と少し真面目な口調に返り、「則ち女子は生命に倦むということは殆どない、年若い女が時々そんな様子を見せることがある、然しそれは恋に渇しているより生ずる変態たるに過ぎない、幸にしてその恋を得る、その後幾年月かは至極楽しそうだ、真に楽し・・・

      国木田独歩「牛肉と馬鈴薯」

    • ・・・一室に孤座する時、都府の熱閙場裡にあるの日、われこの風光に負うところありたり、心屈し体倦むの時に当たりて、わが血わが心はこれらを懐うごとにいかに甘き美感を享けて躍りたるぞ、さらに負うところの大なる者は、われこの不可思議なる天地の秘義に悩まさ・・・

      国木田独歩「小春」