• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ‐ぐら【胡床/胡坐】

  1. (胡坐)両ひざを左右に開き、両足を組んで座ること。こざ。「―を組む」
  1. 貴族の着座する、床の高い台。あごら。
  1. 材木を組んで高い所へ上れるようにつくった足場。
    • 「―を結ひあげて」〈竹取
  1. 一種の腰掛けで、脚を交差させて折り畳めるようにしたもの。
    • 「―どもを召したり」〈・胡蝶〉
  1. 胡坐をかく
    • あぐらを組んで座る。
    • のんきにかまえて、何の努力もしないことのたとえ。「名門意識の上に―・く」
  1. あぐらなべ【胡坐鍋】
    • あぐらをかき、鍋でものを煮ながら食べること。また、その鍋。
  1. あぐらばな【胡坐鼻】
    • あぐらをかいたように、鼻翼の広がっている鼻。

「あ‐ぐら【胡床/胡坐】」の前の言葉

「あ‐ぐら【胡床/胡坐】」の後の言葉