• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おく‐じ〔‐ヂ〕【憶持】 の意味

  1. 心に念じて思いとどめること。常に念頭に置いて忘れないこと。
    • 「僧、心経を―し、現報を得て、奇事を示す縁」〈霊異記・上〉
  1. 執念。また、思慮、分別。
    • 「衆徒の軍拝見して候ふに、誠に―もなく」〈義経記・五〉