• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あげ‐いた【上(げ)板/揚(げ)板】 の意味

  1. 床下に物などを入れるために、くぎ付けにしないで、自由に取り外しできるようにした床板。あげぶた。
  1. 江戸時代の歌舞伎劇場で、舞台の前縁にあった横長の板敷き部分。
  1. 風呂場などの流しに敷く簀 (す) の子の板。
  • あげ‐いた【上(げ)板/揚(げ)板】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・第四、大きい卓子を置き、傍に瓦斯ストーブ、コンロ、アメリカ辺でやっているように、平常は調理台に使う卓子の、上板をはねると、洗濯桶になっているのも、重宝でしょう。

      宮本百合子「書斎を中心にした家」