• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あげ‐さげ【上げ下げ】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 上げることと下げること。上げ下ろし。「手を―して合図する」
  1. 物価の上がることと下がること。あがりさがり。騰落。
  1. 褒めたりけなしたりすること。「人を―する」
  1. 布団・膳 (ぜん) などを、出したりかたづけたりすること。
  1. 潮が満ちることと引くこと。
  1. やりくりして物事を運ぶこと。始末をつけること。
    • 「こっちの―さへてんやわやと来て居るものを」〈黄・桃太郎発端〉
  1. 質物 (しちもつ) を請け出すことと預け入れること。
    • 「―をして皮羽織を引き出さにゃあならねえ」〈洒・辰巳婦言〉
  • あげ‐さげ【上げ下げ】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・と云うのは先生が、まるで羽根を抜かれた鳥のように、絶えず両手を上げ下げしながら、慌しい調子で饒舌った中に、「諸君にはまだ人生はわからない。

      芥川竜之介「毛利先生」

    • ・・・いとおくびより易い世辞この手とこの手とこう合わせて相生の松ソレと突きやったる出雲殿の代理心得、間、髪を容れざる働きに俊雄君閣下初めて天に昇るを得て小春がその歳暮裾曳く弘め、用度をここに仰ぎたてまつれば上げ下げならぬ大吉が二挺三味線つれてその・・・

      斎藤緑雨「かくれんぼ」

    • ・・・あの仲間へ這入ってこの腕を上げ下げして、こちとらの手足の中にある力を鉄の上に加えて見たい。

      著:シュミットボンウィルヘルム 訳:森鴎外「鴉」