• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あげ‐ち【上知/上地】 の意味

  1. 江戸時代、幕府や藩が知行 (ちぎょう) 地を没収すること。また、その土地。あがり地。じょうち。

あげ‐ち【上知/上地】の慣用句

  1. あげちれい【上知令】
    • 天保の改革の法令の一。江戸・大坂の近隣にある大名・旗本の領地を返上させて幕領に編入し、代地を与えようとしたもの。多くの反対を受け、実施されないまま撤回された。