• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おち【越】 の意味

  1. えつ
  • おち【越】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その仕合には、中守綱利自身も、老職一同と共に臨んでいたが、余り甚太夫の槍が見事なので、さらに剣術の仕合をも所望した。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・これが本心なら、元よりこれにした事はないが、どうして、修理はそれほど容易に、家督を譲る気になれたのであろう。

      芥川竜之介「忠義」

    • ・・・そこで仔細を聞いて見ると、この神下しの婆と云うのは、二三年以前に浅草あたりから今の所へ引して来たので、占もすれば加持もする――それがまた飯綱でも使うのかと思うほど、霊顕があると云うのです。

      芥川竜之介「妖婆」