• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あげ‐まき【揚巻/総角】 の意味

  1. 古代の少年の髪の結い方の一。髪を左右に分け、両耳の上に巻いて輪を作る。角髪 (つのがみ) 。
  1. 揚巻結び」の略。
  1. 鎧 (よろい) の背の逆板 (さかいた) に打ちつけた環に通して揚巻結びをした飾りひも。
  1. 歌舞伎で、傾城 (けいせい) に扮する女形 (おやま) が用いるかつら。揚巻結びの飾りの房を背面につけた立兵庫 (たてひょうご) のかつら。
  1. 女性の束髪の一。明治18年(1885)ごろから中年以上に流行した。西洋揚巻。
  1. アゲマキガイの別名。
  1. (総角)
  1. 源氏物語第47巻の巻名。薫大将、24歳。薫の求愛を拒み、匂宮と結ばれた中の君の将来を案じつつ病死する大君 (おおいぎみ) を描く。
  1. 神楽歌の一。小前張 (こさいばり) の歌に属する。
  1. 催馬楽 (さいばら) の一。奔放な愛の歌。

あげ‐まき【揚巻/総角】の慣用句

  1. あげまきがい【揚巻貝】
    • ナタマメガイ科の二枚貝。貝殻は長方形で、殻長約10センチ、殻高約3センチで、両端は少し開き、殻表には黄褐色の殻皮をかぶる。有明海の泥底に多く、食用。ちんだがい。
  1. あげまきむすび【揚巻結び】
    • ひもの結び方の一。輪を左右に出し、中を石畳(いしだたみ)に結び、房を垂らす。文箱(ふばこ)や御簾(みす)などの飾りに使う。