• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

お・ちる【落ちる/堕ちる/墜ちる】 の意味

  1. [動タ上一][文]お・つ[タ上二]
  1. 上から下へ自然に、また、急に移動する。
  1. ㋐落下する。「谷底へ―・ちる」「涙が頬 (ほお) を伝って―・ちる」「吊り橋が―・ちた」
  1. ㋑雨・雪などが降る。「寒いと思ったら白いものが―・ちてきた」
  1. ㋒日・月が沈む。「山際に日が―・ちる」
  1. ㋓光・視線などが注ぐ。「木漏れ日が地に―・ちる」
  1. ㋔客のお金などがその場所で使われる。「観光地に多くの金が―・ちる」
  1. その場所から離れてなくなる。
  1. ㋐ついていたものが取れる。「色が―・ちる」「化粧が―・ちる」
  1. ㋑病気・憑 (つ) き物などが除かれる。「狐 (きつね) が―・ちる」
  1. ㋒減って細くなる。ある部分がくぼんだ状態になる。へこむ。「頬の肉が―・ちる」
  1. その中に入れるはずのものが漏れる。一部分が欠ける。ぬける。「電話番号がリストから―・ちている」
  1. 落第する。落伍 (らくご) する。「試験に―・ちる」「予選で―・ちる」⇔受かる
  1. 都を離れて地方へ移っていく。また、戦いに敗れて他の土地へ逃げていく。「山間の地へ―・ちる」「都を―・ちる」
  1. 物事の程度や段階、価値や力などが下がったり、悪くなったりする。低下する。
  1. ㋐劣った状態になる。衰える。「鮮度が―・ちる」「味が―・ちる」「人気が―・ちる」「腕が―・ちる」「スピードが―・ちる」「人後に―・ちない」
  1. ㋑地位などが下がる。「十両に―・ちる」
  1. ㋒落ちぶれる。零落する。「―・ちる所まで―・ちる」
  1. ㋓品性が低くなる。堕落する。「道義心も―・ちたものだ」「話が―・ちる」
  1. 物事が終わりの状態に行き着く。
  1. ㋐その人の所有となる。また、落札する。「店が人手に―・ちる」「入札の結果は他社に―・ちた」「手形が―・ちる(=手形ガ現金化サレル)」
  1. ㋑仕掛けた計略などに、はまり込む。陥る。「わなに―・ちる」「謀略に―・ちる」
  1. ㋒問いつめられて自白する。本音をはく。「容疑者が―・ちるのは時間の問題だ」「それこそ語るに―・ちるというものだ」
  1. ㋓強く迫られてついに相手の思い通りの状態になる。説得などに負けて、相手に従う。「くどかれて彼女もとうとう―・ちた」
  1. ㋔結果として、そうなる。帰する。「なんのかのといっても話はいつもそこに―・ちる」
  1. ㋕抜き差しならない状態、引き込まれる感じのする状態に至る。「恋に―・ちる」「深い眠りに―・ちる」
  1. 城などが攻め取られる。陥落する。「城が―・ちる」
  1. 柔道で、気絶する。「締められて―・ちる」
  1. 10 納得する。「腑 (ふ) に―・ちない」「胸に―・ちる」
  1. 11 コンピューターで、アプリケーションやOSが急に命令を受け付けなくなって停止する。アプリケーションが勝手に終了したり、OSがシャットダウンや再起動したりする。「ブラウザーが―・ちる」
  1. 12 寒くなって魚が深場へ移動する。
  1. 13 鳥や魚が死ぬ。
    • 「鶉 (うづら) あまた飼ひ置きける人のいかがしけん皆―・ちたると聞きて」〈万載狂歌集・五・詞書〉
  1. 抜ける[用法]
  1. [補説]書名別項。→落ちる
  • お・ちる【落ちる/堕ちる/墜ちる】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その内に彼等の旅籠の庭には、もう百日紅の花が散って、踏石に落ちる日の光も次第に弱くなり始めた。

      芥川竜之介「或敵打の話」

    • ・・・赤坊はいんちこの中で章魚のような頭を襤褸から出して、軒から滴り落ちる雨垂れを見やっていた。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・木の上では睡った鳥の重りで枯枝の落ちる音がする。

      著:アンドレーエフレオニード・ニコラーエヴィチ 訳:森鴎外「犬」