• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あげ‐まり【上げ×鞠】

  1. 蹴鞠 (けまり) で、けり始めの作法。懸かりの木や人に当たらないように、人の目の高さほどにけり上げる。貴人や名人が務めた。
    • 「御門 (みかど) も御鞠に立たせ給へり。二条関白良実―し給ひき」〈増鏡・おりゐる雲〉