• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あ‐こ【×吾子】 の意味

  1. 《古くは「あご」》
  1. [名]わが子。自分の子。
    • 「―の、御宿世 (すくせ) にて覚えぬことのあるなり」〈・須磨〉
  1. [代]
  1. 二人称の人代名詞。子供や乳母などを親しみを込めて呼ぶ語。おまえ。
    • 「―はらうたけれど、つらきゆかりにこそ、え思ひはつまじけれ」〈・空蝉〉
  1. 一人称の人代名詞。中世から近世にかけての幼児語。
    • 「児聞いて、―はそれなら食はう」〈咄・醒睡笑・六〉
  • あ‐こ【×吾子】の例文

    出典:青空文庫

    • 吾子を許すではないが政は未だ児供だ。

      伊藤左千夫「野菊の墓」

    • ・・・たった二日か三日しか畑も田圃も見ないのだが、何だか三年も吾子に逢わないような気がした。

      徳永直「麦の芽」

    • ・・・生れて何も知らぬ吾子の頬に 母よ 絶望の涙をおとすな 格調たかく歌い出されている「頬」忘れかねたる吾子初台に住むときいて通るたびに電車からのび上るのは何のためか 呻きのように母の思いのなり・・・

      宮本百合子「『静かなる愛』と『諸国の天女』」