• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おと‐め〔をと‐〕【乙女/少女】

  1. 《「おと」は、動詞「お(復)つ」と同語源で、若々しいの意。本来は「おとこ」に対する語。「乙」は後世の当て字》
  1. 年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ。処女。「―の悩み」
    • 「―壮士 (をとこ) の行き集ひかがふ嬥歌 (かがひ) に」〈・一七五九〉
  1. 五節の舞姫のこと。
    • 「あまつ風雲の通ひ路吹きとぢよ―の姿しばしとどめむ」〈古今・雑上〉
  1. (少女)源氏物語第21巻の巻名。夕霧の元服、大学教育、雲井 (くもい) の雁 (かり) との恋、六条院の新築などを描く。
  1. おとめがり【乙女刈(り)】
    • 少女の髪形の一つ。おかっぱに似るが、後頭部をやや短めに切りそろえ、えり足を刈り上げたもの。
  1. おとめゲーム【乙女ゲーム】
  1. おとめご【乙女子】
    • おとめ。しょうじょ。
      「―が裳裾(もすそ)をはへて袖かざし」〈謡・竜田
  1. おとめごころ【乙女心】
    • 少女の純情で感じやすい心。
  1. おとめざ【乙女座】
  1. おとめざちょうぎんがだん【乙女座超銀河団】
  1. おとめさび【少女さび】
    • おとめらしく振る舞うこと。⇔男さび
      「娘子(をとめ)らが―すと韓玉(からたま)を手本(たもと)に巻かし」〈・八〇四〉
  1. おとめづか【乙女塚/処女塚】
    • 妻争いの犠牲者となったおとめを葬ったと伝える塚。菟原処女(うないおとめ)、葛飾の真間の手古奈の塚など。
  1. おとめつばき【乙女椿】
    • ツバキの一品種。花はふつう桃色で重弁。

「おと‐め〔をと‐〕【乙女/少女】」の後の言葉