• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あこぎ【阿漕】 の意味

  1. 阿漕ヶ浦」の略。
  1. 謡曲。四番目物世阿弥作という。旅僧が、阿漕ヶ浦で密漁をして海に沈められた漁師の霊から懺悔 (ざんげ) 物語を聞く。

あこぎ【阿漕】の慣用句

  1. あこぎがうら【阿漕ヶ浦】
    • 三重県津市東部一帯の海岸。伊勢神宮に供える魚をとる漁場として、殺生禁断の地であった。[歌枕]
      「いかにせん―のうらみても度かさなれば変はる契りを」〈新千載・恋五〉
  1. あこぎのへいじ【阿漕の平次】
  1. あこぎやき【阿漕焼】
    • 三重県津市から産する陶器。万古(ばんこ)の分派である安東(あんとう)焼を、嘉永6年(1853)再興したのが始まり。
  • あこぎ【阿漕】の例文

    出典:青空文庫

    • 阿漕でも小松でもかまいません。

      芥川竜之介「二人小町」

    • ・・・家数四五軒も転がして、はい、さようならは阿漕だろう。

      泉鏡花「菎蒻本」

    • ・・・元来己を捨てるということは、道徳から云えばやむをえず不徳も犯そうし、知識から云えば己の程度を下げて無知な事も云おうし、人情から云えば己の義理を低くして阿漕な仕打もしようし、趣味から云えば己の芸術眼を下げて下劣な好尚に投じようし、十中八九の場・・・

      夏目漱石「道楽と職業」