• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あこめ【×衵/×袙】 の意味

  1. 中古の男子の中着。束帯のときは下襲 (したがさね) 単 (ひとえ) との間に、衣冠直衣 (のうし) のときには袍 (ほう) ・直衣と単との間に着用した。打衣 (うちぎぬ) 。
  1. 女子の中着。表着 (うわぎ) と単との間に着用した。
  1. 女児が上着として着用した、袿 (うちき) より裾を短く仕立てた衣服。
  1. [補説]「あいこめ」の略で、衣服の間に込めて着る衣の意という。

あこめ【×衵/×袙】の慣用句

  1. あこめおうぎ【衵扇】
    • 宮廷の女房が礼装のときに用いた檜扇(ひおうぎ)。草木や人物などの絵を描き、切り箔砂子などを散らした。近世以降は、両端の親骨の上部に糸花をつけ、色糸を長く垂らす。
  1. あこめすがた【衵姿】
    • 女児が表衣(うえのきぬ)を着ないで衵だけを着ている姿。
      「童(わらはべ)など、をかしき―うちとけて」〈・野分〉