• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あこめ‐おうぎ〔‐あふぎ〕【×衵扇】

  1. 宮廷の女房が礼装のときに用いた檜扇 (ひおうぎ) 。草木や人物などの絵を描き、切り箔砂子などを散らした。近世以降は、両端の親骨の上部に糸花をつけ、色糸を長く垂らす。

「あこめ‐おうぎ〔‐あふぎ〕【×衵扇】」の前の言葉

「あこめ‐おうぎ〔‐あふぎ〕【×衵扇】」の後の言葉