• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あこや【阿古屋】 の意味

  1. 愛知県半田市付近、知多半島の東海岸の古地名。
  1. 山形市郊外の千歳 (ちとせ) 山の古称。山上の松が有名であった。

あこや【阿古屋】の慣用句

  1. あこやがい【阿古屋貝】
    • 知多半島阿古屋の浜で多くとれたところから》ウグイスガイ科の二枚貝。貝殻はほぼ方形で、殻長約9センチ。内面は真珠色の光沢がある。養殖真珠の母貝とする。本州中部以南に広く分布し、奄美(あまみ)大島まで及ぶ。真珠貝。
  1. あこやだま【阿古屋珠】
    • 真珠のこと。
      「伊勢の海のあまのしわざの―とりての後も恋の繁けむ」〈古今六帖・三〉