• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

オビエド【Oviedo】 の意味

  1. スペイン北西部の都市。8世紀初頭、イスラム勢力に抵抗するキリスト教徒の築いたアストゥリアス王国の首都となる。多くの聖堂や修道院が建てられ、レコンキスタ(国土回復運動)の発祥の地となった。郊外に残る三つの教会は1985年に世界遺産(文化遺産)に登録された。1998年にはさらに三つの建造物が追加され、名称は「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群」となった。

オビエド【Oviedo】の慣用句

  1. オビエドだいせいどう【オビエド大聖堂】
    • Catedral de San Salvador de Oviedo》スペイン北西部、アストゥリアス州の都市オビエドの旧市街にある大聖堂。正式名称はサンサルバドル大聖堂。9世紀にアストゥリアス王アルフォンソ2世により、トレドから運び出した聖遺物を納めるための建物カマラサンタを建造。14世紀以降、増改築がなされ、20世紀にスペイン内戦などで被害を受けた。カマラサンタは1998年に「オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建築物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。