• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あざ【×痣/×黶】 の意味

  1. 皮膚に生じた赤や青などの斑紋の俗称。先天性のものは母斑 (ぼはん) で、後天性のものは皮下出血や紫斑。
  • あざ【×痣/×黶】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・影がになって、巴が一つ片頬に映るように陰気に沁み込む、と思うと、ばちゃり……内端に湯が動いた。

      泉鏡花「眉かくしの霊」

    • ・・・「おじさんの家の焼けた年、お産間近に、お母さんが、あの、火事場へ飛出したもんですから、そのせいですって……私にはが。

      泉鏡花「縷紅新草」

    • ・・・あら、お前の頸のところに細長いがついているよ。

      幸田露伴「雁坂越」