• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

オブローモフ【Oblomov】 の意味

  1. ゴンチャロフの長編小説。1859年刊。地主で余計者的知識人のオブローモフが、才能をもちながら無気力・無為の生活を送るさまを描いたもの。
  • オブローモフ【Oblomov】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 劇場は上演を通して観衆の、オブローモフ主義、色情狂、悲観主義に対して闘おうとする意志を強める役に立つような仕事をやらなければならない。

      宮本百合子「ソヴェトの芝居」

    • オブローモフは自殺しなかった。

      宮本百合子「誰のために」