• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐がすみ【朝×霞】 の意味

  1. [名]朝に立つ霞。 春》「茶を呑めと鳴子引なり―/一茶
  1. [枕]
  1. 八重に立ちこめ物がはっきり見えない意、また霞の立つ春の意から「八重」「ほのか」「春日 (はるひ) 」にかかる。
    • 「―ほのかにだにや妹 (いも) に逢はざらむ」〈・三〇三七〉
  1. 鹿火 (かひ) (蚊火)の煙が霞のようにたなびく意から「かひ」にかかる。
    • 「―鹿火屋 (かひや) が下に鳴くかはづ」〈・二二六五〉
  • あさ‐がすみ【朝×霞】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ クラブの建物はいつか覗いてみた朝霞村のなどに比べるとかなり謙遜な木造平家で、どこかの田舎の学校の運動場にでもありそうなインテリ気分のものである。

      寺田寅彦「ゴルフ随行記」