• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐がれい〔‐がれひ〕【朝×餉】 の意味

  1. 天皇の日常の食事。儀式的な大床子 (だいしょうじ) の御膳 (おもの) に対していう。朝夕2回あった。朝餉の御膳 (おもの) 。
    • 「―の気色ばかり触れさせ給ひて」〈・桐壺〉
  1. 朝餉の間 (ま) 」の略。

あさ‐がれい〔‐がれひ〕【朝×餉】の慣用句

  1. あさがれいのま【朝餉の間】
    • 清涼殿の西庇(にしびさし)にある、天皇が食事をする部屋の名。
  • あさ‐がれい〔‐がれひ〕【朝×餉】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・失礼な起しましょうと口々に騒ぐを制して、朝餉も別間において認め、お前さん方が何も恐がる程の事はないのだから、大勢側に附いて看病をしておやんなさいと、暮々も申し残して後髪を引かれながら。

      泉鏡花「湯女の魂」

    • ・・・ それは彼の田舎の家の前を通っている街道に一つ見窄らしい商人宿があって、その二階の手摺の向こうに、よく朝など出立の前の朝餉を食べていたりする旅人の姿が街道から見えるのだった。

      梶井基次郎「ある崖上の感情」

    • ・・・ 朝なお早ければ街はまだ往来少なく、朝餉の煙重く軒より軒へとたなびき、小川の末は狭霧立ちこめて紗絹のかなたより上り来る荷車の音はさびたる街に重々しき反響を起こせり。

      国木田独歩「わかれ」