• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おもむろ‐に【徐に】 の意味

  1. [副]落ち着いて、ゆっくりと行動するさま。「―立ち上がる」「―口を開く」
  1. [補説]文化庁が発表した平成26年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「ゆっくりと」で使う人が44.5パーセント、本来の意味ではない「不意に」で使う人が40.8パーセントという結果が出ている。
  • おもむろ‐に【徐に】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・動もすればはやり勝ちな、一党の客気を控制して、徐に機の熟するのを待っただけでも、並大抵な骨折りではない。

      芥川竜之介「或日の大石内蔵助」

    • ・・・ こう前置きをして、陶器師の翁は、徐に話し出した。

      芥川竜之介「運」

    • ・・・すると本多子爵は、私の足音が耳にはいったものと見えて、徐にこちらを振返ったが、やがてその半白な髭に掩われた唇に、ちらりと微笑の影が動くと、心もち山高帽を持ち上げながら、「やあ」と柔しい声で会釈をした。

      芥川竜之介「開化の良人」