• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさくさ‐でら【浅草寺】 の意味

  • あさくさ‐でら【浅草寺】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・班女といい、業平という、武蔵野の昔は知らず、遠くは多くの江戸浄瑠璃作者、近くは河竹黙阿弥翁が、浅草寺の鐘の音とともに、その殺し場のシュチンムングを、最も力強く表わすために、しばしば、その世話物の中に用いたものは、実にこの大川のさびしい水の響・・・

      芥川竜之介「大川の水」

    • ・・・ 浅草寺観世音の仁王門、芝の三門など、あの真中を正面に切って通ると、怪異がある、魔が魅すと、言伝える。

      泉鏡花「開扉一妖帖」

    • ・・・ 浅草寺の天井の絵の天人が、蓮華の盥で、肌脱ぎの化粧をしながら、「こウ雲助どう、こんたア、きょう下界へでさっしゃるなら、京橋の仙女香を、とって来ておくんなんし、これサ乙女や、なによウふざけるのだ、きりきりきょうでえをだしておかねえか。

      泉鏡花「燈明之巻」