• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさくら【朝倉】

  1. あさくらたかかげ【朝倉孝景】
    • [1428~1481]室町中期の武将。敏景(としかげ)ともいう。斯波(しば)氏に仕えていたが、内紛に乗じて越前を領し、一乗谷(いちじょうだに)に築城。応仁の乱で斯波氏に代わって越前守護となった。
  1. あさくらたかかげじょうじょう【朝倉孝景条々】
    • 戦国時代の朝倉氏の分国法孝景が制定し、人材登用、家臣団の統制、節倹などの要点を17条に規定したもの。朝倉敏景十七箇条。
  1. あさくらとしかげ【朝倉敏景】
  1. あさくらとしかげじゅうしちかじょう【朝倉敏景十七箇条】
  1. あさくらふみお【朝倉文夫】
    • [1883~1964]彫刻家。大分の生まれ。官展で活躍。写実主義の作品をつくる。文化勲章受章。
  1. あさくらよしかげ【朝倉義景】
    • [1533~1573]戦国時代の武将。元亀元年(1570)浅井氏とともに、近江(おうみ)姉川で織田信長と戦って敗れ、のち、居城一乗谷で自刃。