お・る〔をる〕【居る】

  1. [動ラ五][文]を・り[ラ変]
  1. ㋐人が存在する。そこにいる。「海外に何年―・られましたか」
  1. ㋑「いる」の古風な、または尊大な言い方。また、「いる」に比べて方言的な響きを帯びる。「君はそこに―・ったのか」「都会にはセミも―・らんようになった」
  1. (「おります」の形で、自分や自分の側の者についていう)「いる」の丁寧な言い方。「五時までは会社に―・ります」
  1. 動詞の連用形に付いて用いる。
  1. ㋐(相手を軽蔑する気持ちを込めて)…やがる。「あんなやつに負け―・って」
  1. ㋑自分を卑下する気持ちを表す。
    • 「私も隣の京屋にゐ―・ります」〈伎・夕霧七年忌〉
  1. (「立つ」に対して)すわっている。
    • 「しきたへの床の辺 (へ) 去らず立てれども―・れどもともに戯 (たはぶ) れ」〈・九〇四〉
  1. (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて用いる。
  1. ㋐「…ている」の古風な、または尊大な言い方。「そこに控えて―・れ」
  1. ㋑(「…ております」の形で)「…ている」の丁寧な言い方。「ただ今、外出して―・ります」
  1. [補説](1) 助動詞「れる」の付いた「おられる」「…ておられる」の形で尊敬表現に用いられる。(2) もとはラ変活用。室町時代以後、四段活用に変化。
  1. [可能]おれる