• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐つゆ【朝露】 の意味

  1. 朝、降りている露。消えやすいので、古くは、はかないもの、命などにたとえた。 秋》「朝露や膝より下の小松原/几董

あさ‐つゆ【朝露】の慣用句

  1. あさつゆの【朝露の】
    • [枕]
    • 朝露の消えやすく、はかない意から「消(け)」「いのち」「わが身」にかかる。
      「―消やすき我(あ)が身」〈・八八五〉
    • 「―いのちは生けり恋は繁けど」〈・三〇四〇〉
    • 露がおく意から「おく」にかかる。
      「―置きてし行けばけぬべき物を」〈古今・離別〉
  • あさ‐つゆ【朝露】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そこには華手なモスリンの端切れが乱雲の中に現われた虹のようにしっとり朝露にしめったまま穢ない馬力の上にしまい忘られていた。

      有島武郎「カインの末裔」

    • ・・・三の烏 なぞとな、お二めが、体の可い事を吐す癖に、朝烏の、朝桜、朝露の、朝風で、朝飯を急ぐ和郎だ。

      泉鏡花「紅玉」

    • ・・・ 堤防を離れた、電信のはりがねの上の、あの辺……崖の中途の椎の枝に、飛上った黒髪が――根をくるくると巻いて、倒に真黒な小蓑を掛けたようになって、それでも、優しい人ですから、すんなりと朝露に濡れていました。

      泉鏡花「古狢」