• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐つゆ【朝露】

  1. 朝、降りている露。消えやすいので、古くは、はかないもの、命などにたとえた。 秋》「―や膝より下の小松原/几董
  1. あさつゆの【朝露の】
    • [枕]
    • 朝露の消えやすく、はかない意から「消(け)」「いのち」「わが身」にかかる。
      「―消やすき我(あ)が身」〈・八八五〉
    • 「―いのちは生けり恋は繁けど」〈・三〇四〇〉
    • 露がおく意から「おく」にかかる。
      「―置きてし行けばけぬべき物を」〈古今・離別〉