• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐ね【朝寝】 の意味

  1. [名](スル)朝遅くまで寝ていること。あさい。「休日なので―してしまった」 春》「旅にあることも忘れて―かな/虚子

あさ‐ね【朝寝】の慣用句

  1. あさねがみ【朝寝髪】
    • 朝、起きたときの乱れた髪。
      「―我は梳(けづ)らじうるはしき君が手枕(たまくら)触れてしものを」〈・二五七八〉
  1. あさねぼう【朝寝坊】
    • [名](スル)朝寝すること。また、その人。「宵っぱりの―」
  • あさ‐ね【朝寝】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・さるにても朝寝のほど、昨日のその講演会の帰途のほども量られる。

      泉鏡花「縁結び」

    •  朝寝はしたし、ものに紛れた。

      泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」

    • こん天気のえいのん朝寝していてどうするだい。

      伊藤左千夫「隣の嫁」