• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かい‐あく【改悪】 の意味

  1. [名](スル)物事を改めて、かえって悪くすること。「独断専行で規約を―する」⇔改善
  • かい‐あく【改悪】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・三・一五の私たちへつたえる教訓は、一九二八年におこった大規模な共産党と共産主義者に対する弾圧は、これを機会に日本の治安維持法が改悪され、特高警察がおかれ、検事に思想係が出来たというだけのことではなかった。

      宮本百合子「共産党とモラル」

    • ・・・ 一九三三年は前年に治安維持法が改悪されて、そのために進歩的な文化全面に、激しい動揺が生じていた。

      宮本百合子「今日の生命」

    • ・・・政府は一方において労働法の改悪、公務員法案の改正、軽犯罪法の制定、教育の民主化をあやうくする教育委員会法案などをすすめている。

      宮本百合子「今日の日本の文化問題」