• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐ひ【朝日/×旭】 の意味

  1. 朝、東から昇る太陽。また、その光。「―が昇る」「―が差し込む」
  1. 稲・リンゴ・ナシの一品種。

あさ‐ひ【朝日/×旭】の慣用句

  1. あさひかげ【朝日影】
    • 朝日の光。
      「―にほへる山に照る月の」〈・四九五〉
  1. あさひがに【旭蟹】
    • 十脚目アサヒガニ科のカニ。甲が縦長で、甲長約20センチ。腹節が背面から見える。全身赤橙色。歩脚の平たい指節を使って後退しながら砂に潜る。相模湾以南から沖縄にかけて分布。食用。
  1. あさひかまぼこ【朝日蒲鉾】
    • 上面を食紅で染めたかまぼこ。
  1. あさひぐし【朝日櫛】
    • 蘇芳(すおう)で赤く染めたシカの角で作った櫛。元禄(1688~1704)ごろに流行。
    • 朱塗りの木製の櫛。
  1. あさひこ【朝日子】
    • 《「こ」は親しみの意を表す接尾語》朝日。
      「―がさすや岡辺の松が枝のいつとも知らぬ恋もするかな」〈古今六帖・一〉
  1. あさひしょうぐん【朝日将軍】
  1. あさひだいがく【朝日大学】
    • 岐阜県瑞穂(みずほ)市にある私立大学。昭和46年(1971)に岐阜歯科大学として開設され、昭和60年(1985)に現校名に改称した。
  1. あさひのみはた【朝日の御旗】
    • 日の丸の旗。日章旗。
  1. あさひのみや【朝日宮】
    • 伊勢神宮の内宮(ないくう)。皇大神宮。
  1. あさひひょうもん【旭豹紋蝶】
    • タテハチョウ科のチョウ。開張35ミリくらいで、翅(はね)の表面は黄褐色の地に黒褐色の斑紋がある。極地性で、日本では大雪山群の高山帯に分布。幼虫はキバナシャクナゲを食べる。天然記念物
  1. あさひまんじゅう【朝日饅頭】
    • 食紅で赤く染めたまんじゅう。
  1. あさひやき【朝日焼】
    • 慶長(1596~1615)のころ、山城(京都府)宇治朝日山で作られた陶器。「朝日」の銘印がある。奥村次郎右衛門(藤作)の創始。正保(1644~1648)ごろ小堀遠州の指導で茶器を焼いた。遠州七窯の一。
  • あさ‐ひ【朝日/×旭】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・汽車は勿論そう云う間も半面に朝日の光りを浴びた山々の峡を走っている。

      芥川竜之介「お時儀」

    • ・・・嵩は半紙の一しめくらいある、が、目かたは莫迦に軽い、何かと思ってあけて見ると、「朝日」の二十入りの空き箱に水を打ったらしい青草がつまり、それへ首筋の赤い蛍が何匹もすがっていたと言うことです。

      芥川竜之介「温泉だより」

    • ・・・ 燕はこのわかいりりしい王子の肩に羽をすくめてうす寒い一夜を過ごし、翌日町中をつつむ霧がやや晴れて朝日がうらうらと東に登ろうとするころ旅立ちの用意をしていますと、どこかで「燕、燕」と自分をよぶ声がします。

      有島武郎「燕と王子」