• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あい【愛】 の意味

  1. 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「―を注ぐ」
  1. 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「―が芽生える」
  1. ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する―」
  1. 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への―」
  1. キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
  1. 仏教で、主として貪愛 (とんあい) のこと。自我の欲望に根ざし解脱 (げだつ) を妨げるもの。
  1. [用法]愛・[用法]愛情――「親と子の愛(愛情)」「夫の妻に対する愛(愛情)」などでは、相通じて用いられる。◇「愛」は、「国家への愛」など、広く抽象的な対象にも向けられる。◇「愛情」は、主に肉親・親しい異性に対して用いられ、「幼なじみにあわい愛情を抱きはじめた」などという。◇類似の語に「情愛」がある。「情愛」は「愛情」と同じく肉親・異性間の感情を表すが、「絶ちがたい母子の情愛」のように、「愛情」よりも思いやる心が具体的である。
  1. [補説] 
    2013年10月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンでの「愛」への投稿から選ばれた優秀作品。

    ◆無条件に受け入れられる、存在そのもの。
    しーずーさんの投稿

    ◆人である原点。
    MeSiYaさんの投稿

    ◆人を美しくもし、醜くもする矛盾にあふれたもの。
    潮騒のメモリーズさんの投稿

    ◆人を天国にも地獄にも突き落とす制御不能な感情。
    HIROAKIさんの投稿

    ◆不自由になることが自然と我慢できる状態。
    KO-すけさんの投稿

    ◆相手の痛みを自分の痛みのように感じられる瞬間。
    KTさんの投稿

    ◆恋では補えないもの。感情に勝る思い。距離や時間を隔てても朽ちないもの。
    Natsuさんの投稿

    ◆目に見えずかけがえのないもの。知らず知らずのうち育ち、壊れるはかない存在のため、多くの人が見ようと努力するもの。
    JINJINさんの投稿

    ◆未だ科学では解明されていないエネルギーの一種。行動力、思考力、及び幸福感に変換可能。
    nakanoさんの投稿

    ◆自分に関する記憶や思いや遺伝子を、相手に刻みたいという思い。
    L&Pさんの投稿

    ◆二人なのに一人のような感じ。
    希望岬さんの投稿

    ◆ほんまにあかん人やなぁ…と思いながらも見守りたい、生きる助けになりたいと思う気持ち。
    山崎響さんの投稿

    ◆「独占欲」を綺麗な言葉で言い換えたもの。
    ayumiさんの投稿

    ◆絶え間ない努力の結晶。
    あじさいさんの投稿

    ◆心のコタツ。
    rikakumiさんの投稿

    ◆若者は肌を重ね、年配者は言葉を重ねる。
    越乃屋さんの投稿

    ◆ケーキに書き込むメッセージを注文しているときの感情。
    cable_carさんの投稿

あい【愛】の慣用句

  1. 愛に愛持つ
    • かわいい上にかわいらしい、愛敬たっぷりなさまの表現。愛に愛らし。
  1. 愛は惜しみなく与う
    • 真の愛は、自分の持つすべてのものを相手に与えても惜しいものではない。
  1. 愛は惜しみなく奪う
    • 《「愛は惜しみなく与う」をもとにした言葉》人を愛するということは、相手のすべてを奪って自己のものにしようとすることである。有島武郎が評論「惜みなく愛は奪ふ」で主張。
  • あい【愛】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ どうもこの頃は読者も高級になっていますし、在来の恋小説には満足しないようになっていますから、……もっと深い人間性に根ざした、真面目な恋小説を書いて頂きたいのです。

      芥川竜之介「或恋愛小説」

    • ・・・クララは許婚の仲であるくせに、そしてこの青年の男らしい強さを尊敬しているくせに、そのをおとなしく受けようとはしなかったのだ。

      有島武郎「クララの出家」

    • ・・・意志薄弱なる空想家、自己および自己の生活を厳粛なる理性の判断から回避している卑怯者、劣敗者の心を筆にし口にしてわずかに慰めている臆病者、暇ある時に玩具を弄ぶような心をもって詩を書きかつ読むいわゆる詩家、および自己の神経組織の不健全なことを・・・

      石川啄木「弓町より」