• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさまし・い【浅ましい】 の意味

  1. [形][文]あさま・し[シク]《動詞「あさ(浅)む」の形容詞化》
  1. 品性が卑しい。さもしい。下劣だ。「浅ましい了見」「浅ましい根性」
  1. 見苦しく情けない。嘆かわしい。「浅ましい世の中」
  1. 身分や姿形が卑しい。みすぼらしい。「浅ましい姿」
  1. 予想と違った結果に驚きあきれる気持ちをいう。
  1. ㋐意外だ。あきれる。驚くべきさまだ。
    • 「取りがたき物をかく―・しくもて来る事をねたく思ひ」〈竹取
  1. ㋑興ざめである。がっかりして、あきれかえる。
    • 「物うちこぼしたる心地いと―・し」〈・九七〉
  1. ㋒あまりにもひどい。程度がはなはだしい。
    • 「―・しく貧しき山国にて」〈読・春雨・海賊〉
  1. (「あさましくなる」の形で)思いがけないことになる。死んでしまう。
    • 「かひなくて、三月二十日、終にいと―・しくならせ給ひぬ」〈増鏡・春の別れ〉
  1. [派生]あさましがる[動ラ五]あさましげ[形動]あさましさ[名]
  • あさまし・い【浅ましい】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・……で、恩人という、その恩に乗じ、情に附入るような、賤しい、浅ましい、卑劣な、下司な、無礼な思いが、どうしても心を離れないものですから、ひとり、自ら憚られたのでありました。

      泉鏡花「雪霊記事」

    • ・・・ 隣室には、しばらく賤げに、浅ましい、売女商売の話が続いた。

      泉鏡花「鷭狩」

    • ・・・夫人 (吻私、どうしたんでございましょう、人間界にあるまじき、浅ましい事をお目に掛けて、私どうしたら可いでしょうねえ。

      泉鏡花「山吹」