• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かい‐じゅう〔‐ジウ〕【海獣】 の意味

  1. 海にすむ哺乳類の総称。最も海中生活に適応したのほか、カイギュウオットセイアザラシラッコなど。

かい‐じゅう〔‐ジウ〕【海獣】の慣用句

  1. かいじゅうぶどうきょう【海獣葡萄鏡】
    • 中国唐代に盛行した銅鏡。鏡背のつまみと、そのまわりに獅子(しし)(狻猊(しゅんげい))・有角獣・葡萄唐草文などを配する。日本にも伝わり、法隆寺五重塔心礎や高松塚古墳出土のものが有名。
  • かい‐じゅう〔‐ジウ〕【海獣】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ ナヴァラナが磯辺で甲斐甲斐しく海獣の料理をする場面も興味の深いものである。

      寺田寅彦「映画雑感6[#「6」はローマ数字、1-13-26]」