• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あさ‐やけ【朝焼け】 の意味

  1. 日の出のころに東の空が赤く染まって見えること。 夏》「朝焼けのけふ何ごとかあるらしき/万太郎
  • あさ‐やけ【朝焼け】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・更けても暗くはならない、此頃の六月の夜の薄明りの、褪めたような色の光線にも、また翌日の朝焼けまで微かに光り止まない、空想的な、不思議に優しい調子の、薄色の夕日の景色にも、また暴風の来そうな、薄黒い空の下で、銀鼠色に光っている海にも、また海岸・・・

      著:ランドハンス 訳:森鴎外「冬の王」